属州都市の、重要な活用法

王城レベルが11になると属州都市を持てるようになるが、どのような利点があるのか、どう扱うべきなのか分からない方もいるのではないだろうか。本記事では、属州都市の活用法や重要性について解説する。

バフ

属州都市は、持っているだけでバフの効果を得られる。例えば、建設速度をアップしたり、攻撃力をアップしたり、といったものだ。

属州都市バフの例(日本・レアの場合)
属州都市バフの例(日本・レアの場合)

そして、

  • バフの効果は、属州都市のレア度(クオリティ)に応じて高くなる。
  • マップ上にある属州都市を占領すると、その分だけバフが追加される。
  • 属州都市バフは加算される。(同じ文明の属州都市が複数ある場合も加算される(重複しない))

どのような効果を得られるかは、その属州都市が何の文明なのかによって異なる。

バトル向きの文明
  • 日本 – 行軍時の攻撃力アップ、科学工場での素材生産速度アップ
  • ロシア – 自分の城の防衛時の攻撃力アップ、罠の攻撃力アップ
  • アラビア – 病院の最大収容量アップ、回復速度アップ
都市開発向きの文明
  • 韓国 – 資源回収量アップ、貯蔵庫の最大容量アップ
  • ヨーロッパ – 建設速度アップ、モンスター討伐での将軍EXPアップ
  • 中国 – 資源生産速度アップ、訓練速度アップ
  • アメリカ – その属州都市のゴールド生産量アップ、研究速度アップ

*関連記事 – 属州都市バフ一覧

重要 1 – 城の文明を選ぶ際の注意

自分の都市内には1つ属州都市があり、その文明は、当然ゲーム開始時に選んだ文明になるが、

  • 「文明ボーナス」で得られるバフの項目と、「都市内の属州都市」で得られるバフの項目は、全く異なる。
  • 都市内の属州都市のバフは、都市内の属州都市のクオリティを上げることで、効果をアップすることができる。

つまり、研究速度アップをしたいのなら、文明ボーナスが「研究速度+3%」である中国を選ぶより、属州都市バフに研究速度アップを持つアメリカ(文明ボーナスに研究速度はない)を選んだ方が、長期的には強いバフを得られるということだ。(都市内の属州都市のクオリティを1つ上げると研究速度が+6%になるし、さらに上げられる。)

さらに言えば、文明は、あなたが今、何にフォーカスしているかにより、どんどん変更するのをおすすめする。(初期は開発系、成熟したらバトル系、など)

重要2 – クオリティにだけ目をとらわれない

やみくもに属州都市の「クオリティ」(エピック、レジェンドなど)を重視するよりも、属州都市の「文明」を重視した方が効果的な場合がある。

例えば、攻撃重視なら日本の属州都市だけを集める、資源回収が優先なら韓国の属州都市だけを集める、といった具合だ。

なお、属州都市は最大で9個持つことができるが、もしすべて同一文明で揃えた場合、以下のようになる。

  • 日本のエピックを9個持つ場合 – 攻撃力のバフが+90%
  • 韓国のエピックを9個持つ場合 – 資源回収量のバフが+135%(例:7Mの資源地をすべて回収し終わると、16.45M入手できる。)
補足 – 市長によるバフ

市長がバフ(攻撃力アップなどのスキル、装備など)を持っていても、メインの城の兵には効果が発揮されない。よって、市長のバフは重視する必要はない。

詳しくは以下の記事の「市長」のセクションを参照して欲しい。
属州都市 完全ガイド

デバフ

属州都市では兵を育成することができるが、はっきり言って弱く、戦力にはならない。なぜなら、ほとんどの場合、王城のレベルより属州都市のレベルは低く、そのため兵のレベルが低いからだ。属州都市の兵育成にコストをかけるのはおすすめしない

重要なのは属州都市の兵ではなく、属州都市の市長だ。

市長にアサインした将軍がデバフの性能(攻撃力ダウン、HPダウンなど)を持つ場合、その属州都市をバトルに参戦させると、デバフ効果が発揮される。(高レベルプレーヤーだと、−600%のデバフを実現している者もいる。(装備や特性も含めて))

また、各市長のデバフはすべて加算される(重複しない)。

よって、属州都市の市長にすべき将軍=デバフスキルを持つ将軍とも言える。以下の記事に、デバフを持つ将軍をまとめてあるので参考にしてみてほしい。

なお、以下の方法も有効だ。

将軍EXP稼ぎ

バトルの時に、市長のいる属州都市を参戦させると、その市長である将軍にもEXPが与えられる。(メイン部隊の将軍がもらえるEXPの、半分のEXPがもらえる。)

属州都市を複数保有していて、その全てに市長がおり、全てを参戦させた場合、メイン将軍が10,000EXPなら、市長一人一人が5,000EXPもらえる。

詳細はこちらの記事を参考にしてほしい。(将軍レベルを最速で上げる、EXPの稼ぎ方

補足 – ゴールド生産、兵の訓練

属州都市を持っていると、自動的にゴールド生産されたり、兵が訓練されるが、これらはおまけ程度にすぎないので、大きなメリットではない。これらにコストや労力をかけるのは、おすすめしない。

まとめ

属州都市を持つ大きなメリットは、バフ、デバフ、将軍EXPだ。

これらを意識して、属州都市を増やしたり、クオリティをアップしたり、文明を変更したりすると良いだろう。

関連記事

共有する

12

12件のコメント

こんにちは。
同じ文化の都市を複数持つのは効果ありですか?それらのバフ&デバフは加算されますか?

攻城兵器PvP将軍で他の都市を攻撃するようなデータを見かけないのが気になっています。攻城兵器を中心とした攻撃は推奨されていないのでしょうか?siege bombについての情報は見たことはありますが、将軍の情報は見かけません。

質問です。属州都市のレア度による戦力差はどのくらいか教えてほしいです。

市長を強化するメリットはありますか?それともデバフだけ気にしていれば良いでしょうか。

ゲーム初心者なんですが、稼いだ属州都市手がかりの使い方を教えてもらえませんか?よろしくお願いします。

イベントセンター > 歴史都市を探して > 属州都市をもとめて
上記画面で、欲しい属州都市にベットできます。(あたるかどうかは運です)
以下に関連記事があるので、参照してみてください。
属州都市 完全ガイド

バトルの時に、市長のいる属州都市を参戦させる
←どうすれば参戦させられますか?

攻撃時には、戦闘前の部隊編成を選ぶ画面で、参戦させたい属州都市を選んでください。😃
ただし、以下の場合は選べず、参戦させられません。
レイドのときや、杜やバトルフィールド内の建物への攻撃、NPC属州都市への攻撃

防衛時には、自動参戦させる設定が必要です。やり方は以下の記事で解説しています。
属州都市 完全ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  1. Home
  2. >
  3. 属州都市ガイド
  4. >
  5. 属州都市の、重要な活用法

エボニー 王の帰還 攻略ガイドWiki
全記事一覧

将軍リスト

将軍の育成

スキルガイド

装備ガイド

軍隊の強化

属州都市ガイド

モンスター狩りガイド

PvP・サーバー戦争ガイド

建設ガイド

課金で得する方法

アイテムを効率よく集める方法

アイテム一覧

初心者ガイド

その他