魂の共鳴ガイド

注:今日現在(2023/8/28)、この機能はごく一部のサーバーでのみ実装されている。

そのため、仕様が今後変わる可能性がある。

もし仕様の変更などにより記事内容に誤りが生じた場合、コメント欄から教えていただけると幸いです。

魂の共鳴とは

すでに育成した将軍の「特性のレベル」「強化(統率・攻撃・防御・政治)」「将軍のレベル」を、他の将軍に引き継ぐことができる機能。

(「自由特性」「スターレベル 」は引き継げない。)

一人の将軍を、他の一人の将軍にリンク(共鳴)させることで、引き継がせることができる。

ただし以下のような条件がある。

リンク条件

  • リンク元の将軍が、Lv35以上、特性4つMAX(非・自由特性)、スターレベル10であること。
  • 同じ兵種の将軍にのみリンクできる。
  • リンクするには「Binding Essence」が必要。
  • リンクは、1回あたり15日間のみ有効。
  • 将軍は一度に一人の将軍とのみリンクできる。

リンク回数とメリット

リンク後、15日間のリンク期間が終わると、リンク先の将軍のリンク回数が1つカウントされる。

その将軍に10回リンクすると、その後は「Binding Essence」を消費せずに、その将軍にリンクすることができるようになる。

「Binding Essence」の入手方法

王のパーティで入手可能。つまり課金が必要。

ケーキ1: 30個 (計$20)
ケーキ2: 50個 (計$100)
ケーキ3: 50個 (計$200)
ケーキ4以降は不明。

リンクのコスト

1回目のリンクは、「Binding Essence」 x100。
2回目以降は不明。

つまり、リンクを継続させようとすると、かなりの課金が必要。
(少なくとも数万円、リンクを永続させる場合は数十万円)

リンクの更新

  • リンク終了の3日前になるとリンク期間を更新可能になる。
  • 更新すると、現在の残り時間に追加される。
  • 更新すると、元のリンク期間が終わるまでリンク中断できなくなる。

リンクの中断

  • リンクはいつでも中断できる。
  • 中断するとリンク回数のカウントは増えない。
  • リンク解除すると、残期間に応じて「Binding Essence」の一部が返還される。
  • 1回以上リンクされたことのある将軍が解雇されると、「Binding Essence」の一部は返還されるが、その将軍のリンク回数のカウントは0にリセットされる。

リンク可能な将軍

現時点では、戦闘用の将軍のみがリンク可能。都市開発用の将軍、担当官、市長は今後対応予定。

その他仕様

  • 行政庁から使用できる。
  • リンク元とリンク先の将軍を同じ部隊に選ぶことはできない。
共有する

5

5件のコメント

各種メインの将軍から共鳴させると、補佐官にできないので、lv35以上、覚醒(星10)が条件の為、一度フルに仕上げたメイン将軍をお払い箱にして、行政庁の担当につけて、補佐官候補にする新しく実装された性能の良い将軍に対して共鳴させないとあまり意味はなさそうですね。

Happy Dip

魂の共鳴で使用するおすすめの将軍はありますか?

この機能(魂の共鳴)の目的がいまいち理解できません。
記載いただいた内容を考えると、例えば、有力な新しい将軍もしくは補佐官を育成する前にも使いたいので、共鳴させて、バトル(PvPやモンスター)に参加させるという使い方なんでしょうか?なんか見当違いな気もしますが…

合ってるかわかりませんが、特性を4つ最大にするのはかなり大変なので、その救済措置なのかなと思っています。
(特に古いサーバーで古い将軍の特性をMAXにしてしまったユーザ向け。新しい将軍を課金でゲットするモチベーションを与えるため?)
が、結局高額課金が必要なので、なんの意味もないクソ機能だと思っています。

記事をありがとうございます。4年近くプレーしていますが、このゲームは容赦なくお金を追い求めるようになり、新しいものが追加されるたびに、どれだけお金を使えるかが基準になっているようです、彼らはお金を集め続けるために、あらゆるものを少量しか与えてくれません。私はおそらく今年でこのゲームから離れるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードファイルの最大サイズ: 35 MB。 画像 をアップロードできます。 ここにファイルをドロップ



当サイトのコンテンツ内で使用しているゲーム画像の著作権その他の知的財産権は、TOP GAMES Inc. に帰属しています。
当サイトは evonyguidewiki.com が独自に作成したコンテンツを提供しています。
当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載(他言語への翻訳含む)は固く禁じます。