手配書の活用法と、使い方

手配書は、事前に他のプレイヤーの名前を知っていれば、そのプレイヤーがマップのどの座標にいるかを検索できる、非常に便利なアイテムだ。しかし、有効な使いどころがいまいちわからない方もいるのではないだろうか。

このゲームでは、敵がシールドしていることがほとんどだ。その状態で敵を追跡しても、手出しできないので確かに意味がない。よって、「敵がシールドできない状況」「敵がシールドしていないことがわかっている状況」で使うのが基本になる。

主な活用シーン

  • サーバー戦争時の索敵
  • ゴーストしている敵を攻撃してHPを0にすることで、マップのどこかに飛ばす。これと同時に、敵の部隊は都市に強制送還されるので、即座に追跡して攻撃する。

基本的な使い方A : アイテム画面から

  1. 画面右下のメニューの中から「アイテム」を押す。
  2. 「スペシャル」のカテゴリを開く。
  3. 「手配書」を選択し、「使用」を押す。
  4. ターゲットプレイヤーの名前を入力し「座標を見つける」を押す。

しかし、次の問題がある。

  • 名前を入力しようと思っても、プレイヤーの名前に「入力できない絵文字」が入っていると、キーボードで入力できない。
  • そもそも、急いで敵を追いかけたい状況では、いちいち文字を入力していられない。

よって、事前に名前をコピーしておく必要がある。

名前のコピー方法

  1. マップ上の、敵の都市を押して、メニュー内の「詳細」を押す。
  2. 君主の全身イラスト画面が表示されるので、右下の「詳細」を押す。
  3. 君主詳細画面が表示される。
  4. 君主名の右にあるボタンを押すと、名前がコピーされる。

マップ上で敵に遭遇したら、まずは名前をコピーしておくと良いだろう。

基本的な使い方B : ランキング画面から

アイテム画面を経由せずに、手配書を使うことができる。

1. ランキング画面にある、各種君主リスト画面にて、君主名を押す。

2. 君主の全身イラスト画面が表示されるので、右下の「詳細」を押す

3. 君主詳細画面が表示される。

4. 右下にある「座標を見つける」を押す。(手配書を持っていない場合は、ジェムの費用が表示される。)

この方法は、通常のキルイベントではあまり有効ではない(敵がシールドしているかどうか分からないため)。しかし、サーバー戦争では非常に有効だ。詳細は以下の記事を参照してほしい。

共有する

16

16件のコメント

初めまして、初心者です。
同じ方に、連続で3回程攻撃されたので、合計32時間の停戦協定を連続でしました。
しかし時間が終わり数時間後に、また同じ方から攻撃され、将軍も捕獲されてしまいました。

何故そんなに何度も攻撃してくるのでしょうか?
ブックマークされているのでしょうか?

同じ方からこれ以上攻撃されたくありません。
何か方法はありますか?
そして、名前と、場所を変えればブックマークしてたとしても来ないでしょうか??

教えて頂ければ助かります。
宜しくお願い致します。

切れる前に、張り替える。ただそれだけ〜

日本次郎

はじめまして、いつもゲームの参考にさせてもらっています。
質問なのですが名前にLv○○とついたプレイヤーをちらほら見るのでローマ字で出来ることは確認できましたが日本語でもつけれる方法とかありますでしょうか?

手配書を使った場合、相手はそれを知っているのでしょうか?

zlloyd1

手配書を使って、ターゲットの属州都市を特定することはできますか?
以前、私のバブルが落ちた時(ミスかバグか)、私の都市の近くでもないのに、なぜか私の属州都市も攻撃されたり、盗まれたりしたことがあるので、お聞きしました。

できません。事前にブックマークされ、狙われていたのだと思います。
プレイヤーの中には、マップで見つけた他プレーヤーの属州都市をたくさんブックマークしておき、バブルダウンを待って狙っている人もいます。

プレイヤーが名前を変えた場合、追跡することはできますか?IDを使うように

名前の変え方でしょうか?
自分の君主詳細画面で名前をタップすると、名前を変えることができます。

O Boyle Keep

手配書の使用に関するこの情報は非常に役立ちます。 名前をコピーすることはできますが、I-phoneを使用して貼り付けるにはどうすればよいですか?

匿名

早速BOGで使おうと思ったら、バトルフィールドでは使用できないとのことでした。仕様が変わったのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



当サイトのコンテンツ内で使用しているゲーム画像の著作権その他の知的財産権は、TOP GAMES Inc. に帰属しています。
当サイトは evonyguidewiki.com が独自に作成したコンテンツを提供しています。
当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載(他言語への翻訳含む)は固く禁じます。