バフ・デバフ基本ガイド

バフとは・デバフとは

  • バフ(Buff)- 自分の能力(攻撃力など)を上げる効果のこと。
  • デバフ(Debuff)- 敵のバフを下げる効果のこと。

エボニーにおけるデバフの仕様

敵のバフを、最大で半分まで減らせる。(敵のバフを0%にすることはできない)

よって、もし自分が非常に高いデバフを持っていたとしても、敵のバフが低いと、本領を発揮できない。

例えば、自分がー300%のデバフを持っていた場合は、敵によって以下のように効果が変わる。

  • 敵のバフが50%の場合、25%まで減らせる。(ー25%のデバフ)
  • 敵のバフが300%の場合、150%まで減らせる。(ー150%のデバフ)
  • 敵のバフが600%の場合、300%まで減らせる。(ー300%のデバフ)
  • 敵のバフが800%の場合、500%まで減らせる。(ー300%のデバフ)

最大でどのくらいまで上げられる?

トッププレイヤーの場合、バフは1200%以上、デバフは-600%以上を実現している。

なお、理論上はデバフ−1200%も可能(*)なのだが、前述のとおり、デバフは高すぎても無駄になってしまう。(敵のバフが2400%以上でないと、ー1200%とはならない)

現実的に有効なデバフの最大値は、−600%程度だと考えた方が良いだろう。

*特定の項目に限られる(攻城兵器の攻撃力)

自分のバフ・デバフ値を確認する方法

戦闘バフ・デバフ

バトルレポートの下部で、バフやデバフの合計値が確認できる。

バトルレポートのバフ、デバフ欄
バトルレポートのバフ、デバフ欄

戦闘バフやデバフの合計値は、攻撃か防衛かなど、様々な状況の違いによって変わるため、1戦ごとのバトルレポートを見て確認するしかない。

注 – ソロ以外での戦いの場合は、バフ・デバフ欄には他人のバフ値が表示されることがある。

レイド時 – 自軍のバフ欄は、レイドオーナーの数値。
同盟メンバーの城への援軍時 – 自軍のバフ欄は、援軍を受けた城の数値。
占拠施設(杜など)への援軍時 – 自軍のバフ欄は、最後に援軍に入った人の数値。

デバフ欄については調査中。
少なくともバフ欄の人の数値とは限らない。全参加者のデバフの単純加算でもない。おそらくいずれかの一人のプレイヤーのもの、もしくは重複除外した上での合算値だと思われる。

なお、君主の詳細画面でも、バフやデバフ値が確認できる。しかし、これは研究、君主の神器などの一部のみが反映された数値なので要注意。(将軍のスキルなどは反映されていない)

君主詳細画面のバフ、デバフ欄

非・戦闘バフ(建設スピードなど)

君主の詳細画面で確認できる。

君主詳細画面のバフ、デバフ欄

バフを高める方法(バフの構成要素)

最優先すべきは、将軍のステータス上げ、研究、そして、将軍にアレスかアケメネス装備を与えてそれらの装備を十分に強化すること。

インパクト大

インパクト中

* 各属州都市バフは加算される。(同じ文明の属州都市が複数ある場合も加算される(重複しない))

その他(永続)

  • 担当官
  • 君主のアビリティ
  • 文明
  • 美術館の美術品
  • 同盟の共同研究
  • VIP
  • 城のかざり

その他(一時的)

  • アイテム
  • 神殿での捧げもの
  • バトルフィールド内の建物占領
  • 王都の称号

デバフを高める方法(デバフの構成要素)

基本は、アケメネス装備かアレス装備の一部を属州都市の市長全員に装備させ、その属州都市をすべて参戦させること。(各市長のデバフがすべて加算される。)

インパクト大

その他

* 属州都市そのものにデバフはないが、市長がたくさん必要になるので、属州都市をたくさん持つ必要がある(最大9)。また、そのためには、名声を高めて階級を上げる必要がある。
参考:君主EXPと、名声を効率よく稼ぐ方法

合計値の計算方法(足し算?掛け算?)

バフやデバフの各パーセンテージは「加算」される。

例えば以下の場合、攻撃力バフの合計は+60% となる。

  • 将軍のスキル:攻撃力+20%
  • 将軍の装備A:攻撃力+10%
  • 将軍の装備B:攻撃力+5%
  • 研究:攻撃力+25%

なお、バフが適用された結果の攻撃力は、以下のように計算される。

兵士の攻撃力 x (攻撃力バフ% +100%)

例えば、

兵レベル1の騎兵の攻撃力(バフなし)は、220。

攻撃力バフの合計が+200%の場合、

220 x (200%+100%) = 660

となる。

4つの種類

まず理解しておくべきものとして、以下の4つの違いがある。

  • 基本バフ
    • ゲーム内表記:(但し書きなし)
  • 行軍バフ
    • ゲーム内表記:行軍時の〜/攻撃時の〜/攻撃中の〜
  • 都市内バフ
    • ゲーム内表記:都市内での〜/都市を防衛中の〜/都市の防衛軍の〜
  • 援軍バフ
    • ゲーム内表記:援軍の〜 / 同盟の都市に駐留させている〜

これらの言い回しは主に、装備、研究などの画面で用いられている。

なお、君主詳細画面で、この4種類のバフを確認できる。

  • 「軍」カテゴリ – 基本バフ
  • 「兵士の攻撃力と防御力」カテゴリ – 行軍バフ / 都市内バフ / 援軍バフ

基本バフ

ゲーム内表記:(但し書きなし)

行軍、都市内、援軍、いかなる時も発動するバフ。

基本バフの例
装備の基本バフ

行軍バフ

ゲーム内表記:行軍時の〜/攻撃時の〜/攻撃中の〜

ゲーム内の日本語訳が揺れているだけで、これらは同じ意味だ。ゲームの言語を英語にすると、いずれもMarching〜となる。

行軍バフの例
装備の行軍バフ

行軍中の部隊が戦う時に有効になる。

基本的には以下のような「攻撃時」に有効だが、

  • ソロでの攻撃
  • レイドを自分で開始した場合
  • レイドを他人が開始し、それに参加した場合

以下のような「防衛、援軍時」にも有効になる。

  • 占領済みの建物(時空の扉、杜、王都など)の防衛、援軍
  • キャンプを攻撃されての防衛

よって「攻撃時」という表現は正確ではないので注意しよう。

都市内バフ

ゲーム内表記:都市内での〜/都市を防衛中の〜/都市の防衛軍の〜

日本語訳が揺れているだけで、これらは同じ意味だ。ゲームの言語を英語にすると、In-City〜、または、for Defendeing Cityとなる。

都市内バフの例

以下の場合に有効。

  • 自分の城(*)に攻め込まれて防衛するとき
  • 同盟メンバーの城(*)に援軍に送って防衛する時(自分の部隊に適用)

* ゲーム内では「都市」もしくは「首都」と表現される。

以下での防衛時には、発動しない。

  • マップ上の建物(時空の扉、杜、王都、同盟都市など)
  • キャンプ

よって「防衛時」という表現は正確ではないので注意しよう。

援軍バフ

ゲーム内表記:援軍の〜 / 同盟の都市に駐留させている〜

ゲームの言語を英語にすると、Reinforcing〜、または、when they are reinforcementsとなる。

援軍バフの例

同盟メンバーの城へ援軍として参加した場合に、自分の部隊に適用される。

以下の場合は機能しない。(行軍バフが適用される。)

  • レイドに参加する場合 / 自分で開始する場合
  • マップ上の占拠施設(時空の扉、杜など)に援軍を送る/防衛する/攻撃する場合

バフ・デバフの発動条件(将軍スキル)

将軍のスキルの説明文では、以下のようなバリエーションがある。

  • 部隊を率いている場合(もしくは、記述なし)
  • 攻撃を率いている場合
  • 首都の防衛官をつとめている場合
  • 援軍時
  • 同盟レイドを率いている場合
  • モンスターへの攻撃を率いている場合
  • 市長に任命すると
  • 担当官を務めている場合

「部隊を率いている場合」(もしくは記述なし)

  • 注 – ゲーム内では言い回しが統一されていない。以下も同じ意味。
    • 軍を率いている場合
    • 軍隊を統率している場合

この場合は、その将軍を使って戦闘を行えば、ほとんどの場合でバフやデバフが発動する。
(上記の発動条件のうち、担当官以外すべての場合)

該当する将軍例:源義経

「攻撃を率いている場合」

発動条件Aでの「行軍時」と同様。
その将軍が率いる、行軍中の部隊が戦うときに発動する。

該当する将軍例:シメオン1世

「首都の防衛官をつとめている場合」

  • 注 – ゲーム内では言い回しが統一されていない。以下も同じ意味。
    • 首都の防衛官である場合

発動条件Aでの「都市内での」に近しいが、その将軍が自分の城の防衛官である場合に限られる。

該当する将軍例:ジョセフ・E・ジョンストン

なお、陳興道やジェームズ・ボウイの説明文では「都市内の」という記載がなく、英語でも「in-city」の記載がない。(例:ジョセフ「都市内の騎兵のHPが〜」/ボウイ「味方の歩兵と騎兵の攻撃力が〜」)ひょっとして、防衛官にするだけで、攻撃時にもバフが有効になるのか?と思い、この2人で実際にテストしてみたが、結果は無効だった。(自分の城の防衛時のみ有効)

なお、建築速度などの、非戦闘バフについては、防衛官をセットするだけで発動する。

「援軍時」

発動条件Aでの「援軍の」と同様。

該当する将軍例:ドミトリー

「同盟レイドを率いている場合」

自分がレイドを開始した場合にのみ有効。

該当する将軍例:トミュリス

「モンスターへの攻撃を率いている場合」

モンスターへの攻撃時のみ有効。

該当する将軍例:カエサル

「市長に任命すると」

その将軍を、属州都市の市長にセットするだけで有効になる。
主に、ゴールド生産力などの、非戦闘系。

該当する将軍例:リンカーン

なお、スキル説明に「部隊を率いている場合」とある将軍を市長にセットし、その市長がいる属州都市を参戦させた場合、デバフは有効。バフは、少なくともメイン都市の兵には適用されない。

「担当官を務めている場合」

その将軍を、城内の担当官にセットするだけで有効になる。

該当する将軍例:班超

特記事項 – 班超が持っているようなデバフスキル(騎兵攻撃力ダウン)、ジョアン1世などが持っているようなバフスキル(攻撃力、HP、防御アップ)については、防衛時だけでなく、攻撃時も有効。

特記事項2 – スキルブックでバフを追加しても機能しない。また、バフ・デバフのついた装備を与えた場合も、機能しない。

関連:担当官ガイド

共有する

19

19件のコメント

こんにちは、チャンピオン装備の基本ステータスの増加は、ミニオンの基本ステータスに加算されるのか、それとも合計の基本ステータスに加算されるのかを教えてください。「(10000 + 500) * 1000」なのか、「10000 * 1000 + 500」なのか。

こんにちは、バフについて質問があります。私はレベル34で、科学院でほとんどの研究が終わっていますが、まだ攻撃が弱く、レベル33を攻撃できません。どうすればよいですか?

k33はアケメネス装備を作ることができます。もしこれにより敵のデバフが非常に強い場合や、敵のt13やt12があまりにも多すぎる場合は、Yassinさんの攻撃バフが1000%あったとしても一人の攻撃で勝つことは難しいでしょう。何度もの攻撃で徐々に相手の戦力を削いだり、ラリーで攻撃してください。

装備の強化項目について質問です。
攻撃に関する装備の強化項目で+○と+○%の2つがありますがどちらを優先して選べばよろしいですか?
将軍のランキングを見ていると多くの方は+○%の方を選んでるようですがそれについて言及している方はいらっしゃらないのでよろしければ解説お願いします。

ソロでのモンスター攻撃について質問があります。自分で攻撃すると同盟バフが適用されますか?

同盟の共同研究(Lv1、2)のバフは、記事中でいうところの「基本バフ」です。よって、ソロかラリーかに関わらず、モンスター戦で機能するはずです。

担当官について質問があります。ジョアン1世(射場用)のような一人の担当官に有効なスキルブックを付けた場合、関連するバフは有効になりますか?

名無し

こんにちは
管理人様いつもお世話になっております
質問なのですが同盟レイドの場合同盟メンバーの将軍のデバフは相手側に全て重複するのでしょうか?
デバフ将軍に兵隊1で何人もレイドした場合そのデバフは相手側に有効なのでしょうか?
宜しかったら教えていただけませんでしょうか

レイド参加者のデバフは有効です。
兵数による影響は分かりませんが、将軍スキルだけでなく研究や担当官などによるデバフも適用されます。
しかし、全メンバーのデバフが単純に加算されるわけではありません。
ここまではレイドオーナーのバトルレポートから確認できます。

以下のどちらかだと思いますが、今のところ未検証です。
– 加算されるが重複分は除外
– 誰か一人のみのデバフが適用(一番強力な人が選ばれる?)

名無し

返信ありがとうございます😊
うちの同盟はまだアケメネス所持があまりいないもので気になってお聞きしました
となると援軍時も同じでしょうか🤔
対モンスター戦ではドラゴン装備4つのセットでデバフを活かしているのですが
何となくですが2人以上は効果ありな気がしています
こちらもアケメネス所持者が増えたら順当に試していきたいと思います(*^^*)
ありがとうございました😊

少なくとも、杜への援軍での防衛時も同様です。(同盟メンバーの城への援軍時は未確認です🤔)

攻襲反天

管理人様、ご回答頂き誠に感謝感激です!
なるほどです、そういう考え方もあるんですね
アケメネスはちょくちょく作ってはいたんですが、そういう事なら少し作成ペース上げていこうと思います

ときにアケメネスとアレスって歩兵攻撃力のデバフって無くないですか?
鍛冶場で色々装備品の情報調べていて気付きました
歩兵メインの人には研究で対応するしかないんですかね?

なんかまた質問してしまって申し訳ありませんw
本日は本当にありがとうございました

歩兵攻撃力のデバフは、今のところ以下で伸ばせますね。🤔
– 研究(最大-70%)
– アケメネス装備のセットバフ(6つ)(-15%)
– 将軍スキル
— コンスタンティヌス1世(-20%)
— ジェスター(-15%)
— ハーラル(-10%)
— マンサムーア(-10%)
— マルグレーテ1世(-10%)

攻襲反天

再度のご回答痛み入ります
やっぱり想像以上に選択肢が少ないですねぇ
将軍も該当するのがマンサさんしかいないです(泣)
まだまだ精進が足りないなぁ

色々とアドバイス頂き本当にありがとうございました!

攻襲反天

管理人様いつもお世話になっております

実は最近育成について迷子になっておりまして、つきましてはアドバイスなど頂けたらと思い久々に書き込みさせてもらいました

キープレベルがK34でパワーが580Mになりました
T13は各兵種100万以上です
しかしなんかイマイチな感じでして
K30から現在まで無課金でやってきたからか、ただ兵士が多いだけって感じでして
将軍もめいで使っているのがレーガー王子でしかも育成は周りと比べたらかなり中途半端です
パワーは4.9Mです

自分PVPはあまり積極的にはしないんですが、たまにやると予想以上に損害がでたり(レイヤリングはしっかりやってるんですが)この間はバトルフィールドで同じK34のプレイヤーにしばかれて残りのパワーが480M以上あったのに部隊が全滅しました
メンバーからはバフですね、とか言われてるんですがそんなもんなんかなぁって
ちょっと納得出来ないなぁと
自分的にはこのまま兵士を増やそうかと思っていたんですが、こんな感じだと無駄になるのかなぁと
かと言ってK35になるのもそれはそれで大変だし、どうしたものかと悩んでいます
今後の育成方針について助言を頂けると嬉しく思います

長文になりましたが何卒宜しくお願いします

まずバフとデバフを上げることをおすすめします。

バフとデバフが低いまま兵数を増やしたり、兵レベルを上げても、兵の作成コストや回復コストが無駄にかかります。

たとえば以下の例だと、t13のままバフを上げた方が、コストが抑えられることが分かります。

———————

射撃兵攻撃力(バフなしの初期値)は
t13 3450
t14 4070

仮に現在のバフが+600%の場合
t13 24,150

バフ+600%のままt14を作った場合
t14 28,490

t13のままバフを+750%にあげた場合
t13 29,325
———————

また、k33を超えると、バフは当然重要ですが、それ以上にデバフが重要な印象です。

デバフがしっかりしているk33なら、下手なk35がレイドで束になっても勝てません。

まずは、射撃兵攻撃力や攻城兵器攻撃力のデバフが付いた装備を、市長全員に与えるところから始めてみてはいかがでしょうか。

アンデッド将軍を属州都市の市長にした場合、敵全体の死亡率が上がる一方で、味方で死亡率が上がるのはアンデッド将軍の都市の兵のみという解釈でよいのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

エボニー 王の帰還 攻略ガイドWiki
全記事一覧

将軍リスト

将軍の育成

スキルガイド

装備ガイド

軍隊の強化

属州都市ガイド

モンスター狩りガイド

PvP・サーバー戦争ガイド

建設ガイド

課金で得する方法

アイテムを効率よく集める方法

アイテム一覧

初心者ガイド

その他